Support customers
Support customers

サポートチームを拡張するヘルプデスクソフトウェア

チャットボットや複数のチャネル、セルフサービス、強力な自動化機能を統合した最新のヘルプデスクで、顧客満足度の向上と効率化を実現します。

ありがとうございます!ご利用開始に役立つメールをお送りします。
14日間無料トライアル
簡単セットアップ
いつでもキャンセル可能
30,000 以上の企業がIntercomを利用して世界中で10億もの人々とコミュニケート
Frameio
「Intercomは積極的なサポートツールとして理想的」
Moz
平均応答時間を70%短縮
「Intercomは、あなたの隣に座って質問に答える手助けをしてくれる人のようなものです。人に対応してもらったことで、ウェブサイト訪問者の満足度は高くなります。」
Salesloft

顧客と協力し合い、より迅速に顧客をサポート

1つの受信トレイで連携。顧客がどのチャネルで問い合わせても、迅速に対応。
Asset 1
コールアウトによるコラボレーション
適切なメンバーが会話に参加することで、より速く顧客に答えられるように、簡単なメモをチームメイトにメンション(@チームメイト)することができます。
Asset 1
グループ会話を保持
会話に顧客やチームメイトを追加することで、皆がグループとして話し合いに参加でき、質問がより迅速に解決されるようになります。
マルチチャネルの会話を構成
受信トレイを簡略化します。メールやチャット、ソーシャルチャネルから届いた質問に、単一のヘルプデスクから回答できます。
Asset 1
すべてのお客様の状況を把握
必要な背景情報が手元にあるので、適切な回答が直ちに提供できます。チームの受信トレイに、顧客情報と直近の会話3回分が表示されます。

年中無休で自動的に解決し、チームの効率を向上

インテリジェントなチャットボットと強力な自動化を使用することで、顧客には即座に回答を提供する一方で、チームはより生産的な作業に集中できるようになります。
一般的な質問に即座に回答
Intercomのボット - 回答ボットとタスクボット - を使用することで、チームが多忙な時や外出中でも、顧客が求めている正確でパーソナライズされた回答を提供できます。セットアップにかかるのはわずか数分です。​​サポート向けボットの詳細を表示
Asset 1
チームがより迅速に回答できるようサポートします。
ナレッジベースをヘルプデスクに接続すると、顧客との会話で共有できる記事が提案されます。
Asset 1
会話を自動的に割り当て
会話を適切なチームメイトへ自動的に割り当てます。
一般的な質問に即座に回答
Intercomのボット - 回答ボットとタスクボット - を使用することで、チームが多忙な時や外出中でも、顧客が求めている正確でパーソナライズされた回答を提供できます。セットアップにかかるのはわずか数分です。​​サポート向けボットの詳細を表示
Asset 1
チームがより迅速に回答できるようサポートします。
ナレッジベースをヘルプデスクに接続すると、顧客との会話で共有できる記事が提案されます。
Asset 1
会話を自動的に割り当て
会話を適切なチームメイトへ自動的に割り当てます。

セルフサービスの文書でサポートを拡大

ナレッジベースソフトウェアでアドバイスや回答、文書などを整理。常に頼れるサポートを顧客に提供。
searchCreated with Sketch.
Messengerで検索
チャット数を削減 お客様は、チャットを始める前に、Messengerのホームでナレッジベースの検索ができます。​​Messengerのその他の機能を表示
シングルクリックでインポート
Zendesk、Desk.com、Help Scoutなどから既存の公開ナレッジベースを簡単に移行できます。
記事を検索して送信
ナレッジベースをすばやく検索して、チームの受信トレイから記事が共有できます。
優れた記事を作成
画像や動画、CTAボタンなどで、より強力な記事が作成できます。

チームのパフォーマンス、セルフサービスのサポートおよび顧客満足度を向上させる

チームの管理に必要な洞察と、セルフサービス サポートの向上に役立つフィードバックループが入手できます。
実行可能なヘルプデスクのレポート
特定の時間帯または曜日により対応にかかる時間の長さを把握することで、調整と改善が可能になります。
チャット数を管理
パフォーマンスを向上させます。チームに対して顧客が開始したチャット数を追跡​​し、チームメイトの返信数と閉じられた会話数も表示します。
Asset 1
記事の有用性を測定
便利なリアクション機能で、記事の有用性に関する顧客の意見が簡単に得られます。
検索で弱点を発見
次に書くべき内容が把握できます。ユーザーが回答を見つけられなかった検索の内容を把握。

使用中のツールに接続してシームレスなワークフローを実現

チームのワークフローを合理化し、顧客のセルフサービス サポートを向上させるために必要なツールが統合できます。